Language Day(ランゲージデー)は、日頃から学んでいる「英語」「中国語」「韓国語」に慣れ親しみアウトプットする機会として、また外国語や異文化への理解をさらに深めることを目的として行われている学内イベントです。昨年に引き続き、本年も「ロールプレイングの部」と「スピーチの部」のコンテストがオンラインで開催され、46名の学生が出場しました。

ロールプレイングの部は、学生2名がペアになり、空港カウンターでのチェックインのロールプレイングを事前に収録したものを披露しました。スピーチの部は、ライブ配信で行われ、出場者の学生たちは緊張しながらも、自身の想いを乗せて力強くスピーチし、練習の成果を発揮していました。

審査の結果、各部門・各言語で、優秀賞・優良賞が選ばれ、受賞者の学生たちは校長先生より表彰を受けました。審査員の皆様からは、出場した全員の努力と成果に数々の賞賛のコメントをいただき、出場した学生たちにとっては大きな自信に繋がる貴重な経験となりました。

様々な業界への理解を深めることを目的に、年間を通して1年生を対象に実施している学内業界セミナー。今回は、成田空港で地上支援業務を担うANA成田エアポートサービス株式会社様より、総務部人事課の帯川様、そして本校卒業生で現役グランドスタッフの常葉様をお迎えし、「航空業界の現状と成田国際空港の担う役割」と題した講演を行っていただきました。

成田空港のハブ空港としての国際的な役割から、今後の旅客増加を見据えた取り組みをはじめ、グランドハンドリング業務や旅客ハンドリング業務などANA成田エアポートサービスのスタッフの皆様の実務や保安への心掛け、エピソード等を詳しく伺うことができました。学生たちは、ダイナミックな動きのある航空業界の仕事について理解と関心を深めながら、これから始まる就職活動に向けて意識を高めることができました。

国際エアライン科グランドスタッフコースの1年生が、成田国際空港のANA成田エアポートサービス株式会社様にて研修を実施しました。

研修は、成田国際空港の概要や会社説明の他、職場見学、空港カウンター見学、グループワーク、研修施設でのチェックイン体験、アナウンス体験など、
充実した内容で実施してくださいました。

本校卒業生を含む現役グランドスタッフの方々から直接お話を伺ったり、アドバイスをいただけたことは、学生たちにとって大きな刺激となりました。

またANAグループ様の温かなおもてなしに触れさせていただき、学生たちは就職活動を前に、憧れから目標へと意識を高めていました。

国際エアライン科グランドスタッフコースの2年生と、国際交流科グランドスタッフコース専攻の3年生が、日頃の授業で身に付けた空港地上支援業務(グランドハンドリングと国際線チェックイン)のスキルを企業様へ披露し、評価をいただきました。

審査員には、富士山静岡空港をはじめ全国12拠点において空港地上支援業務を担う株式会社エスエーエス様より4名の方をお招きし、プロの視点で審査をしていただきました。

「グランドハンドリング」の部門では、一人ひとり口頭審査に加え、航空機の映像を使ったマーシャリングや、ロープを使い荷物を台座に固定するタイダウンの技術を披露しました。

「国際線チェックイン」の部門では、審査員の皆様にお客様役を担当していただき、空港カウンター業務のロールプレイングを英語と日本語で行いました。お客様役からのアドリブの質問にも、臨機応変に対応していました。

企業様への披露ということで緊張感のある雰囲気の中、学生たちは今までの学習・トレーニングの成果を発揮することができました。また、今の自分の課題を再認識し、今後の目標を見いだす貴重な機会となりました。